ビットコイン・モナコイン

Bitcoin(ビットコイン)/BTCとは

ビットコイン(Bitcoin)とは、2009年5月、サトシ・ナカモトと名乗る人物が論文でその原理を発表した新しい「電子マネー決済システム」です。単位をBTCと言い通貨の発行は、ユーザーが演算を解き採掘(mining)をして行われます。現実通貨との交換レートは様々な経済状況の影響を受け、価格の変動性の高い通貨として、利便性の高さで注目されている暗号通貨です。
ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。
ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。
ビットコインには中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべて、ピアツーピア・ネットワーク上で行われています。
ビットコインのすべての取引履歴はブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録され、ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録されます。過去のすべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができます。
支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログ、ブロックチェーンの更新を要求します。
全トランザクションリストには所有履歴が記載されており、分散ネットワークにより検証されています。
ネットワーク参加者達は採掘者として知られ、取引手数料や造幣収益を得ます。ビットコインの受け渡しは、パソコン、モバイル端末、あるいはWebアプリケーション上のウォレット(財布)ソフトウェアを使って行います。
        

MONAcoin(モナコイン)/MONAとは

MONAcoin(モナコイン)とは、日本の巨大掲示板 2ちゃんねるで、Mr. Watanabe(わたなべ氏、2chpool. bzJIFpVqts)によって開発され、2013年12月23日に公開された日本初の暗号通貨です。 またモナコインは日本国内、主にサブカルチャーで独自の広がりを見せている通貨です。発行量の上限は1億512万MONA、単位は「MONA」で、名前の由来は2ちゃんねるで使われるアスキーアート「モナー」です。
特定サイトの専用ポイントとは異なり、財布アドレスを表示することで、サイトの垣根を越えてコインを送ることができるため、インターネット上の評価を統一的に表す基準としての使われ方が期待されています。例えば、ニコニコ動画、pixiv、Yahoo!知恵袋など、投稿者が財布アドレスさえ晒していれば、評価されるべきコンテンツの作者に対してMonacoinを送ることが可能になります。もっと評価されるべき作品に対しては、Monacoinを好きなだけ送ることで、もっと評価することができるので、コンテンツ制作者に対してMonacoinを贈る行為については投げ銭をもじって「投げMONA」と呼ばれています。
        

ビットコイン/モナコインを円に変換

入手したビットコイン/モナコインは、Zaifの簡単売買ページで、簡単に売買が可能です。ビットコイン/モナコインを購入したい場合は、購入希望のビットコイン/モナコインの数量、もしくは日本円の設定金額を入力し、購入フローに進んでください。売却したい場合は、購入と同じ要領で売却希望のビットコイン/モナコインの数量、もしくは日本円の設定金額を入力し、売却フローに進みましょう。

Zaif取引所では、初めてでも取引手数料がかかりませんので低リスクで始められます。(お取引手数料は一切かかりません。本人確認を完了した方にお取引価格の0.01%をボーナスとしてプレゼントしています。)